WEBきらら
ホーム > 読者のみなさまの声
読者のみなさまの声
2017年7月分をもちまして『読者のみなさまの声』の公開を終了させていただきました。
過去のみなさまの声 》》
2017.7

「きらら7月号」愛読者はがきより
「漫画ひりひり」で面接が終わった時、“まるで自分が、さっき演じた失態を嘲笑されているように感じてしまう。”この心境、ものすごくわかります。私は漫画、読まないんですが、とても共感しました。
(千葉県・38歳・女性)
「がいなもん武四郎」。松浦老人が、豊に語る昔語り。毎号、豊と一緒になって楽しく聞いています。今号では、厄払いに出掛けた徳大寺で、松浦老人に声を掛けられた豊。松浦老人に連れられ、鰻の伊豆栄を目指して不忍池までやって来た豊は、父と因縁浅からぬ漆芸家に鉢合わせし、蕎麦の蓮玉庵へ向かうことになる……。そんな今号を読んで、勝手に「がいなもん武四郎」ツアーに出掛けてきました。徳大寺でお参りした後、不忍池を散策、そして伊豆栄は通り過ぎて(笑)、蓮玉庵へ。文豪達にも愛されたちょっぴり辛めの蕎麦汁で江戸っ子気分を満喫しました。豊と同じ道を辿って、小説の世界を堪能しました!!
(東京都・47歳・女性)
『きらら』と『ハッチとマーロウ』のイラストを描かれている田村セツコさん、私が小さい頃に読んでいた文庫のイラストも描かれていたのではと一目見て思いました。タイトルが思い出せず、検索してみました。『おちゃめなふたご』シリーズでした!! 急に読みたくなってしまいます。
(兵庫県・40歳・女性)
表紙のなんともいえない素敵な色合いにひかれました。きららちゃんはこれから小説を?!話の展開が楽しみです。
(宮城県・44歳・女性)
「ロングインタビュー」『件名:は?』を読んだ時は一瞬ドキッとしましたが、創作だったんですよね、良かったです。そして、現実には子供がいないのに子供がいかにも言いそうなセリフと、その後の「カンシカです。くだらないから」の文章にはシビレました。赤飯なんて、最近炊いてないなぁ。“何かをなしとげる”人にならなければ。
(大阪府・29歳・女性)
「WEBきらら7月」感想コーナーより
河治和香「がいなもん武四郎」
……私は札幌市在住者です。2018年は北海道命名150周年であり、命名者の松浦武四郎に興味を持っていました。河治和香さんの講演会が札幌大学であり拝聴した際、「がいなもん武四郎」の連載が始まっていることを知りました。それが「きらら」定期購読につながりました。まだ、始まったばかりですが今後の展開が楽しみです。
2017/06/20(北海道・61歳・男性・ペンネーム/コンチャン)
2017.6

「きらら6月号」愛読者はがきより
「恋の収穫期」斬新な設定の青春小説で、引き込まれます。必死に青春を生きている梢が愛おしくなります。22世紀になっても、一生懸命な未来の高校生たちに、なつかしい自分の高校生時代を重ねてしまいます。
(長野県・50歳・女性)
最果タヒさん「恋の収穫期」の感想。なんとまあ、忙しい2日間……。東京おそるべし! でも私は、未来は東京と地方は今より近くなっていると思いますよ。今も50年前とくらべれば確実に近くなっていますものね。「恋の収穫期」は、SFでもあって、ファンタジーでもあり、面白い作品だと思います。
(兵庫県・43歳・女性)
青山七恵さんの「きららちゃんのつむじ風日記」が始まりました。6月号の表紙の田村セツコさんのイラストが、私の年代(40代半ば)には大変懐かしく、幼稚園、小学校低学年時に大変流行したイラストでした。レースやリボンなどコラージュが新鮮で、他のイラストレーターの方にはないような作品ばかりでした。執筆者紹介欄にてご年齢を確認して大変驚きました。まだまだ第一線でご活躍されている様子にうれしくなりました。
(宮城県・44歳・女性)
『ママがほんとうにしたかったこと』は、今私が毎月読んでいる「VERY」のモデルさんが紹介していたり、まさに今の私の世代にとてもとても共感できる作品だと、あらすじを少し読んで思いました。「きらら」を読んで出会うことができて、ほんとうにうれしかったです。ぜひ購入して読んでみたいです。
(長野県・39歳・男性)
PickUPインタビュー。柚木麻子さんの「自分の適量を知る、ということだと思います。でも、失敗を繰り返さないと、自分にとっての適量は分からない」としつつも「相手のことを聞くことが大事」というところに包容力を感じました。
(広島県・52歳・女性)
「WEBきらら6月」感想コーナーより
「from BOOKSHOPS 熱烈インタビュー」
……「ハッチとマーロウ」が大好きだったので、色々、知ることができて楽しかったです。双子は、私にとって、憧れの存在なのでワクワクして読みました。ありがとうございました。
2017/05/24(北海道・49歳・女性)
2017.5

「きらら5月号」愛読者はがきより
毎号楽しく読んでいます。新連載の「恋の収穫期」、とても面白かったです。最果タヒさんは詩人というだけあって、文章表現がユニークで、とても読みやすかったです。早見くんみたいな男の子に会ってみたいなあ、と思いました。これから毎月、読んでいきたいです。
(鳥取県・21歳・女性)
最果タヒさん「恋の収穫期」。“恋愛とかいうものが存在するらしい、という話を、ホラーだと思って聞いていた。”“美しい文字を書く人は要するに書くときに考えることを放棄しているから書けるのであって褒められたものではない。”といった独自で斬新な表現の文章が出てくるところが面白いです。石井光太さん「海辺の産院」。一大決心して大きな問題に……物語が佳境で目が離せません。
(千葉県・38歳・女性)
「さよなら、ムッシュ」のぬいぐるみ、とてもかわいかったです(ぬいぐるみ大好き人間です)。内容もほのぼのとしたやすらぎのようなかんじがしました。よんで、楽しかったです、ありがとうございました。
(埼玉県・66歳・女性)
蛭田亜紗子さんのインタビューがすごく面白かったです。特にJR北海道についての意見のところが。北海道に住んでいるものとしては、同じ危機感を感じます。
(北海道・42歳・男性)
「きらら通信」の中で、毎号の楽しみだった西加奈子さんの表紙が今回最後と知り、しばし絶句……。「うん、うん」とうなずきながら、「きらら通信」読みました。毎回、想像を超えた西さんワールドを楽しませていただき、感謝しかありません。ありがとうございました。
(宮城県・44歳・女性)
「WEBきらら5月」感想コーナーより
最果タヒ「恋の収穫期」
……最近、最果タヒさんの言葉、かもしだす世界にひかれて注目していました。きららで連載が始まることを知って、うれしい驚きです。これから楽しみ。
2017/04/26(宮城県・?歳・女性)
2017.5

「きらら5月号」愛読者はがきより
毎号楽しく読んでいます。新連載の「恋の収穫期」、とても面白かったです。最果タヒさんは詩人というだけあって、文章表現がユニークで、とても読みやすかったです。早見くんみたいな男の子に会ってみたいなあ、と思いました。これから毎月、読んでいきたいです。
(鳥取県・21歳・女性)
最果タヒさん「恋の収穫期」。“恋愛とかいうものが存在するらしい、という話を、ホラーだと思って聞いていた。”“美しい文字を書く人は要するに書くときに考えることを放棄しているから書けるのであって褒められたものではない。”といった独自で斬新な表現の文章が出てくるところが面白いです。石井光太さん「海辺の産院」。一大決心して大きな問題に……物語が佳境で目が離せません。
(千葉県・38歳・女性)
「さよなら、ムッシュ」のぬいぐるみ、とてもかわいかったです(ぬいぐるみ大好き人間です)。内容もほのぼのとしたやすらぎのようなかんじがしました。よんで、楽しかったです、ありがとうございました。
(埼玉県・66歳・女性)
蛭田亜紗子さんのインタビューがすごく面白かったです。特にJR北海道についての意見のところが。北海道に住んでいるものとしては、同じ危機感を感じます。
(北海道・42歳・男性)
「きらら通信」の中で、毎号の楽しみだった西加奈子さんの表紙が今回最後と知り、しばし絶句……。「うん、うん」とうなずきながら、「きらら通信」読みました。毎回、想像を超えた西さんワールドを楽しませていただき、感謝しかありません。ありがとうございました。
(宮城県・44歳・女性)
「WEBきらら5月」感想コーナーより
最果タヒ「恋の収穫期」
……最近、最果タヒさんの言葉、かもしだす世界にひかれて注目していました。きららで連載が始まることを知って、うれしい驚きです。これから楽しみ。
2017/04/26(宮城県・?歳・女性)
2017.4

「きらら4月号」愛読者はがきより
新連載の「がいなもん武四郎」、これからどのようになるのか、楽しく想像してしまいました。昭和が平成になっても驚く変化はありませんでしたが、江戸から明治に変わった時代の人々の生活や心の変化は大変なことだったと思います。日本と外国とのかかわりも面白くなりそうで楽しみです。
(東京都・69歳・女性)
「ハッチとマーロウ」。最終回だったけど、この話は二人の大人時代のれいめい期の続きがあるのでは、と期待してしまいます。田村セツコさんのイラストで素敵な単行本になるのが楽しみです。
(長野県・50歳・女性)
「さよなら、ムッシュ」。人は皆、産まれてから死に向って生きてゆくのだ、なんてカッコイイ事を言う人がいるけれども。分かってるよ、分かってるけど、受け入れられないのよね。女の子が、ろうそくを二倍つけてくれた、そんな事が幸せ。そんな小さな嬉しい出来事をよせ集めて、一日一日を生きてゆくしかないのよね。星太郎も、私たちも。
(大阪府・31歳・女性)
「彼岸の屋上遊園」の、独特な不思議な雰囲気が好きです。今ではすっかりイメージの変わってしまったデパートの屋上も、よく上っています。このストーリーがどうなっていくのか、毎号楽しみにしています。
(兵庫県・47歳・女性)
大島弓子先生の『キャットニップ』の単行本を読んで、「きらら」を知りました。初めて手に入れた表紙の絵が猫だったのも、運命を感じます。これから毎月、大島弓子先生の連載が楽しみです。トラの具合が早く良くなりますように。
(東京都・38歳・女性)
「WEBきらら4月」感想コーナーより
「from BOOK SHOPS」
……住野よるさんの話が印象的でした。「夜になると、僕は化け物になる」という言葉がインパクトがあって引きつけられました。作品に対する熱意が感じられ、想いにも深さを感じました。
2017/04/04(茨城県・37歳・男性)
2017.3

「きらら3月号」愛読者はがきより
「海辺の産院」は、ほぼ実話の物語として第1回からずっと注目している作品です。子供が欲しい夫婦の不妊治療は昔からずっと大変でつらいと言われています。一方、中絶も同様に大変であり、つらさはずっと続くと言われています。両方の事情の方を救おうとした菊田先生はすばらしいと思いますし、昭和37年というそれほど昔ではないというところもあり、次号もまた大変期待して読みたいと思います。
(宮城県・44歳・女性)
「Long Long Love Story」にある「技工士は口の中には手を突っ込まない」との言葉が印象に残りました。これまで想像したこともなかったのですが、腑に落ちた感じがしました。歯科技士法というのも初めて知りました。
(広島県・51歳・女性)
PickUPで紹介されていた春見朔子さんの『そういう生き物』読みました。作家としての人生を歩み始めた春見さん。これからの作品も追いかけていきたいなと思いました。
(宮城県・44歳・女性)
大山淳子さんの新刊インタビューが良かったです。『イーヨくんの結婚生活』が好きなので、『原之内菊子の憂鬱なインタビュー』も毎回一番最初に読んでました。このインタビューで作品が生まれた背景がわかって良かったです。ハラノウチキクコという名前が、そういう意味だったのか!と初めて気づきました。
(埼玉県・35歳・女性)
毎号楽しく読んでいます。今回の「キャットニップ」とても良かったです。年末のバタバタした感じが表現されていて、リアリティがあるなと思いました。ビーも無事に年を越せて良かったな、と思いました。
(鳥取県・21歳・女性)
「WEBきらら3月」感想コーナーより
「from BOOK SHOPS」
……本が大好きで、よく本屋に行きます。選ぶことに迷った時には、おすすめされていた本を探して買います。これからもたくさんの本を紹介してください。よろしくお願いします。
2017/03/05(北海道・49歳・女性)
2017.2

「きらら2月号」愛読者はがきより
「彼岸の屋上遊園」にある「話題が豊富なわけではない。むしろ同じ話の繰り返しである。(中略)それでもその場がほんわかとあたたかくなる。」この小説の魅力そのままと感じました。この先もずっと続いてほしい人との繋がり。でも時々襲う危うい心の動揺。屋上なのに地下室のメロディーが鳴ると、私も読んでいてドキッとしてしまいます。
(東京都・69歳・女性)
「海辺の産院」は、私の住む宮城県の病院が物語の舞台なので、1回目から興味ぶかく読んでいました。菊田昇先生のことは以前TVで取り上げられておりまして、昔実際に存在していた病院での出来事ですから、ずいぶん気持ちが入ってしまい、最後まで一気に読み進めました。次回も楽しみな作品です。
(宮城県・44歳・女性)
西加奈子さんの今号の表紙は、生き物のような波で、「おっ」と思いました。西さんの描く絵も小説も、迷いのない力強さがあって、勇気づけられます。
(宮城県・51歳・女性)
¥200でこんだけ読めたらありがたいです。作者のラインナップもスゴイです。友人に、お前この本いいからとすすめられました。
(兵庫県・39歳・男性)
事実は小説より奇なりといいますが、本書にのった作品はどれも負けず劣らずで面白いです。
(青森県・85歳・男性)
「WEBきらら2月」感想コーナーより
「おめでたい女2 ガスコンロとわたし」
……はじめは、夫のしょーもなさが心の大半をうめて、むかむかしながら読みました。でも後半になるにつれ、「わたし」から感じられる空気が、元気に光を発し始めたように思え、明るい未来がみえて、すっきり読み終えることができてよかったです。
2017/01/28(宮城県・?歳・女性)
2017.1

「きらら1月号」愛読者はがきより
川上弘美さんの「廊下」。美術館で作品を見て、その間にある廊下を歩いている時、自分の内面に思いを巡らせている事が実際にあります。ごく普通の生活を送っていても、なつかしくて、せつなくて涙があふれるような出来事がある。読んでいて共感しました
(千葉県・37歳・女性)
石井光太さんの「海辺の産院」が気になっています。石巻に住んで、菊田昇という産婦人科医がいたことを再確認しました。どうやって資料を集めたのか、ただただ、頭の下がる思いです。
(宮城県・55歳・女性)
「海辺の産院」。産婦人科では、うまくいったお産以外は、嬉しくない症状をみるのが大半だと思う。出産が近づいてから、息子が相手ではなかったと分かった姑から「小せえ赤ん坊の堕胎はやってんだろ。なして腹の中で赤ん坊を切り刻めて、外で首をしめられねえんだ」と投げかけられた場面に、私は絶句状態となった。
(広島県・51歳・女性)
中山七里さんを勝手に女性だと思い込んでいたので、「きらら」対談を読んでおどろきました。しかも中尾彬さんぽくて?!イメージ違いすぎました! 男性作家さんを女性と勘違いすることはよくありますが、逆のパターンはなぜかありません。
(兵庫県・47歳・女性)
美しい色の表紙が目に入りました。冊子はかろやかで、くせのない小説がたくさんで、持ち歩きたく楽しさ。西加奈子さんの表紙のことば、いいですね。私は活字なら何でも読みます!こんなことばをノートにつづってゆきたいなと思った冬の朝でした。
(大阪府・51歳・女性)
「WEBきらら1月」感想コーナーより
「廊下」
……川上弘美さんの「廊下」、よかったです。いくつになっても去って行った懐かしい人たちに、ふと会いたくなる場所がある。幻想と現実を自然に行き来した描写に惹かれました。ラストで朝香の前に現れた、飛夫の横にいた人物に驚き、泣けました。
2017/01/16(長野県・50歳・女性)
  • 単行本この一冊

    おめでたい女/鈴木マキコ

  • 単行本この一冊

    満天のゴール/藤岡陽子

  • 単行本この一冊

    さよなら、田中さん/鈴木るりか

  • 単行本この一冊

    教場0 刑事指導官・風間公親/長岡弘樹

  • 単行本この一冊

    ジゼル/秋吉理香子

  • 単行本この一冊

    末ながく、お幸せに/あさのあつこ

  • 単行本この一冊

    悩むなら、旅に出よ。 旅だから出逢えた言葉U/伊集院 静

  • 単行本この一冊

    祝言島/真梨幸子

  • 単行本この一冊

    MM/市川拓司

  • 単行本この一冊

    蒼のファンファーレ/古内一絵

  • 単行本この一冊

    左京区桃栗坂上ル/瀧羽麻子

  • 単行本この一冊

    さよなら、ムッシュ/片岡 翔

  • 単行本この一冊

    竜宮城と七夕さま/浅田次郎

  • 単行本この一冊

    ハッチとマーロウ/青山七恵

  • 単行本この一冊

    ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美

  • 単行本この一冊

    ボローニャの吐息/内田洋子

  • 単行本この一冊

    キャットニップ 2/大島弓子

  • 単行本この一冊

    本を守ろうとする猫の話/夏川草介

  • 単行本この一冊

    錯迷/堂場瞬一

  • 単行本この一冊

    原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子

  • 単行本この一冊

    墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野 歩

  • 小学館文庫イチ推し

    神様のカルテ0/夏川草介

  • 小学館文庫イチ推し

    たまうら 玉占/星乃あかり

  • 小学館文庫イチ推し

    ロボット・イン・ザ・ハウス/デボラ・インストール 著・松原葉子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    サラバ! 上/西 加奈子

  • 小学館文庫イチ推し

    小森谷くんが決めたこと/中村 航

  • 小学館文庫イチ推し

    政治的に正しい警察小説/葉真中 顕

  • 小学館文庫イチ推し

    邪魔者/ミシェル・アダムズ 著 中谷友紀子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    独裁者ですが、なにか?/荒木 源

  • 小学館文庫イチ推し

    千の命/植松三十里

  • 小学館文庫イチ推し

    伴侶の偏差値/深沢潮

  • 小学館文庫イチ推し

    猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵

  • 小学館文庫イチ推し

    くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著 高取芳彦 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    海が見える家/はらだみずき

  • 小学館文庫イチ推し

    夏の情婦/佐藤正午

  • 小学館文庫イチ推し

    隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎

  • 小学館文庫イチ推し

    親友/川端康成

  • 小学館文庫イチ推し

    風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵

  • 小学館文庫イチ推し

    蟋蟀/栗田有起

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    スリー・アゲーツ 上/五條 瑛

Quilala calendar
Calendar Loading
Search
User Agreement
Link

先頭へ戻る