WEBきらら
ホーム> 小学館文芸の本 > 文庫本 > アーカイブ 27
小学館文芸文庫本
文庫本アーカイブ 》》
ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案
ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案
小学館文庫/224頁

新宿区市ヶ谷の防衛省統合幕僚監部会議室で、
ゴルゴ13を日本政府の専属にする計画が持ち上がった。
伝説的スナイパーの出生の秘密を握り、
ゴルゴを脅迫しようというのだ。
血なまぐさい惨劇は、そこから始まった――

直木賞作家・船戸与一が劇画最高峰「ゴルゴ13」を描く、
極上エンタテインメント、読み切り第3弾!

 

スリー・アゲーツ 上/五條 瑛
スリー・アゲーツ 上/五條 瑛
小学館文庫/416頁

きわめて精巧な偽造紙幣“スーパーK”。
その運び屋らしき北朝鮮工作員が秘密裏に日本に入国した。
米国国防総省直轄の情報機関に所属する葉山隆は、
工作員が来日前に残した文書の解読と、潜伏場所を探る。
同じ頃、岩国駐留の米兵が偽ドル札をつかまされ……

旧防衛庁出身作家の渾身作にして、
第3回大藪春彦賞受賞の大傑作エンターテインメント!!

 

スリー・アゲーツ 下/五條 瑛
スリー・アゲーツ 下/五條 瑛
小学館文庫/352頁

葉山隆は、北朝鮮工作員・チョンの足取りを追っていた。
隠れ蓑として日本で家庭を持ち、息子をもうけていたチョン。
聞き取り調査を進めるうち、葉山は、
チョンが妻子に抱く愛情は本物だ、と確信を深めるが……。

北朝鮮工作員が命がけで守ろうとしたもの、それは――。
祖国とは何か? 家族とは何か?
凄絶な悲しみが読む者の胸を打つ。ラストは感涙必至!!

 

怒り 上/ジグムント・ミウォシェフスキ 著  /  田口俊樹 訳
怒り 上/ジグムント・ミウォシェフスキ 著  /  田口俊樹 訳
小学館文庫/352頁

ポーランド北部の工事現場で白骨化した遺体が見つかった。
検察官テオドル・シャツキは、
現場が病院に続く地下の防空壕だったことから、
戦時中のドイツ人の遺体と考えていたが、
検死の結果、遺体の男は10日前には生きていたことが判明。
この短期間で白骨化することはあり得ないが……。

怒涛の展開、圧倒の面白さ! 欧米で絶賛の傑作ミステリー!

 

怒り 下/ジグムント・ミウォシェフスキ 著  /  田口俊樹 訳
怒り 下/ジグムント・ミウォシェフスキ 著  /  田口俊樹 訳
小学館文庫/352頁

混迷を極める白骨遺体の身元確認。
検察官シャツキが捜査すればするほど、
事件は不可解な様相を帯びていく。
ようやく真相に手が届こうとしたとき、
シャツキ自身の身に思いもよらぬ事件が――。

加速の後編、没頭注意! 最後の一行、マジか。
ポーランドから上陸した大傑作ミステリ、堂々の完結。

 

でんでら国 上/平谷美樹
でんでら国 上/平谷美樹
小学館文庫/240頁

時は幕末。外館藩西根通太平村には、
60歳になると村での役割を全て解かれ、
御山参りをする習わしがあった。
食い扶持を減らすための姥捨ての旅とも囁かれていたが、
山に捨てられた老人達は、そこに桃源郷を築いていた!?

「この時代小説がすごい!」2016年版にランクイン!
話題の時代小説が待望の文庫化!

 

でんでら国 下/平谷美樹
でんでら国 下/平谷美樹
小学館文庫/304頁

老人達が生活を営む理想の村「でんでら国」。
飢饉の年でも年貢をきちんと納める大平村は、
隠田を開墾しているのではないか――。
その実態を暴こうと代官の一味が忍び寄る。
老人の知恵と経験、そして守るもののない捨て身の勇気が、
役人たちを見事に翻弄するが……。

老人達の待ち受ける意外な結末は!?

 

ゴルゴ13ノベルズU 鬼畜の宴 船戸与一 著 さいとう・たかを 原案
ゴルゴ13ノベルズU 鬼畜の宴 船戸与一 著 さいとう・たかを 原案
小学館文庫/224頁

おのれの道楽から殺人ゲームに興じる大富豪ふたりが、
プロ中のプロ同士の殺し合いを愉しむプランを企てた。
“史上最大のショウ”の舞台で、
好敵手・スパルタカスと壮絶な死闘を演じたゴルゴ13。
そこから、命をもてあそぶ鬼畜たちの追跡が始まる――。

直木賞作家・船戸与一が劇画最高峰「ゴルゴ13」を描く、
未曾有エンタテインメント、読み切り第2弾!

 

巨像再建 出向行員・遠藤龍介/長野慶太
巨像再建 出向行員・遠藤龍介/長野慶太
小学館文庫/600頁

「あたしのお母さんはカジノにころされました」
中毒者の自殺をきっかけに、
日本初の公営カジノは早くも経営難に陥った。
経営の立て直しと出資先との交渉のために呼び出されたのは、
アメリカの銀行マン・遠藤龍介。再建期限は4か月。
だが、行政と銀行派閥の壁が立ちはだかり……。

どんでん返しが待ち受けるサスペンス経済小説!

 

予言ラジオ/パトリック・リー 著 田村義進 訳
予言ラジオ/パトリック・リー 著 田村義進 訳
小学館文庫/480頁

軍隊時代の旧友クレアから突然呼びだされ、
サム・ドライデンは四人の少女を救出した。
クレアの黒い奇妙な筐体から聞こえてきたのは、
まだ行われていないはずの野球の実況中継だった。
「このマシーンは放送される十時間二十四分前の
 ラジオの電波を拾うのよ」――つまり、彼らは
あの檻の中で焼け死んでいるはずの少女たちを救ったのだ。

数時間先の未来を知る者たちの息詰まる攻防――!

 

  • 単行本この一冊

    おめでたい女/鈴木マキコ

  • 単行本この一冊

    満天のゴール/藤岡陽子

  • 単行本この一冊

    さよなら、田中さん/鈴木るりか

  • 単行本この一冊

    教場0 刑事指導官・風間公親/長岡弘樹

  • 単行本この一冊

    ジゼル/秋吉理香子

  • 単行本この一冊

    末ながく、お幸せに/あさのあつこ

  • 単行本この一冊

    悩むなら、旅に出よ。 旅だから出逢えた言葉U/伊集院 静

  • 単行本この一冊

    祝言島/真梨幸子

  • 単行本この一冊

    MM/市川拓司

  • 単行本この一冊

    蒼のファンファーレ/古内一絵

  • 単行本この一冊

    左京区桃栗坂上ル/瀧羽麻子

  • 単行本この一冊

    さよなら、ムッシュ/片岡 翔

  • 単行本この一冊

    竜宮城と七夕さま/浅田次郎

  • 単行本この一冊

    ハッチとマーロウ/青山七恵

  • 単行本この一冊

    ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美

  • 単行本この一冊

    ボローニャの吐息/内田洋子

  • 単行本この一冊

    キャットニップ 2/大島弓子

  • 単行本この一冊

    本を守ろうとする猫の話/夏川草介

  • 単行本この一冊

    錯迷/堂場瞬一

  • 単行本この一冊

    原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子

  • 単行本この一冊

    墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野 歩

  • 小学館文庫イチ推し

    神様のカルテ0/夏川草介

  • 小学館文庫イチ推し

    たまうら 玉占/星乃あかり

  • 小学館文庫イチ推し

    ロボット・イン・ザ・ハウス/デボラ・インストール 著・松原葉子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    サラバ! 上/西 加奈子

  • 小学館文庫イチ推し

    小森谷くんが決めたこと/中村 航

  • 小学館文庫イチ推し

    政治的に正しい警察小説/葉真中 顕

  • 小学館文庫イチ推し

    邪魔者/ミシェル・アダムズ 著 中谷友紀子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    独裁者ですが、なにか?/荒木 源

  • 小学館文庫イチ推し

    千の命/植松三十里

  • 小学館文庫イチ推し

    伴侶の偏差値/深沢潮

  • 小学館文庫イチ推し

    猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵

  • 小学館文庫イチ推し

    くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著 高取芳彦 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    海が見える家/はらだみずき

  • 小学館文庫イチ推し

    夏の情婦/佐藤正午

  • 小学館文庫イチ推し

    隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎

  • 小学館文庫イチ推し

    親友/川端康成

  • 小学館文庫イチ推し

    風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵

  • 小学館文庫イチ推し

    蟋蟀/栗田有起

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    スリー・アゲーツ 上/五條 瑛

Quilala calendar
Calendar Loading
Search
User Agreement
Link

先頭へ戻る