WEBきらら
ホーム >小学館文芸の本 > 文庫本 > アーカイブ 28
小学館文芸文庫本
文庫本アーカイブ 》》
千の命/植松三十里
千の命/植松三十里
小学館文庫/384頁

元禄十三年、玄悦は二百石取りの彦根藩士の家に生まれた。
自分が母の実の子ではないと感じていた玄悦。
生みの親は、下働きの八重だった。
そんな八重がお産で命を落とし、玄悦は医者を志す……。

のちに山脇東洋を始めとする一流の医者たちからも
その技術を認められることとなる、
実在した男の熱き生涯を描いた傑作小説。

 

伴侶の偏差値/深沢潮
伴侶の偏差値/深沢潮
小学館文庫/320頁

母と二人暮らしの真紀は、今おつきあいしている彼が、
一生をともに歩む伴侶としてベストなのか悩んでいる。
真紀が選びに選んだ勝負下着も、
お構いなしにただ脱がすだけの彼。
一生をともに過ごす相手は、本当にこの人でいいのだろうか?
女の本当の幸せって何? 最後に真紀が選んだ結末は……?

揺れる35歳独身女性の心理をリアルに描き出した傑作。

 

猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵
猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵
小学館文庫/240頁

突然姿を消してしまうノラ猫がいる。
そういう猫は、実は俳句の旅に出かけているのです。

斬新な芭蕉研究で注目を浴びる著者が、
全篇ノラ猫の視点で描いた前代未聞の猫小説。
全篇に猫たちが詠んだ句があふれ、
人気猫イラストレーター・浅生ハルミンの
絵60点余(カラーも10点)をちりばめた傑作猫物語。

 

くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著・高取芳彦 訳
くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著・高取芳彦 訳
小学館文庫/464頁

ヤンキースタジアムでピーナッツ売りをする
30代の売れない小説家・テッドは、
ある夜、母の死以来疎遠になっていた父が末期がんと知る。
レッドソックスが試合に勝つと父の病状が良くなるようで、
テッドは父の悪友たちを巻き込んで大芝居をうつ。
そしてついに、レッドソックス対ヤンキースの最終決戦が…。

不器用な父子愛に笑って泣ける家族小説!

 

海が見える家/はらだみずき
海が見える家/はらだみずき
小学館文庫/344頁

苦戦した就活でどうにか潜り込んだ勤務先を、一ヶ月で辞職。
再就職のアテもなければ蓄えもない矢先、
疎遠にしていた父親の訃報が飛び込んできた。
文哉は南房総にある父の終の棲家で、遺品整理を進めていく。
海辺の町で、東京とは違った時間の流れを生きるうち……。

「あなたにとって、幸せとは何ですか?」
と穏やかに問いかけてくる、著者新境地の感動作!

 

夏の情婦/佐藤正午
夏の情婦/佐藤正午
小学館文庫/288頁

「ひとつ例にとると、『傘を探す』という作品。
 僕はこの、失われた雨傘を探して夜の街を、
 人から人へとめぐり歩くストーリーをいまでも
 面白いと思います」(本書「三十年後のあとがき」より)

近年、『鳩の撃退法』『月の満ち欠け』と、
次々に傑作を発表し続けている著者が、
デビュー直後に執筆した恋愛小説5編を収録。

 

隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎
隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎
小学館文庫/352頁

遠国御用組の統領となった服部半蔵は、
裏柳生の武士が中心となった集団や外道衆、
イスパニアからやって来たバウティスタの涙と戦った。
京都から江戸に一時帰国した半蔵は、
金貸しの検校を襲撃してきた外道衆と対決。
悪徳商人ともども成敗すべく城ヶ島に向かうが……。

真の敵、真の悪は誰なのか? 白熱の書き下ろし時代小説!

 

親友/川端康成
親友/川端康成
小学館文庫/272頁

めぐみとかすみは新制中学一年のクラスメート。
赤の他人ながら瓜二つ、誕生日まで同じとあって、
次第に仲良くなっていく二人。
夏休み、めぐみはかすみに誘われて、
親戚の“森田のおじさま”が住む鵠沼の家に遊びにいく。
寝食をともにするなかで、二人の心は微妙にすれ違い……。

たびたび壊れそうになる二人の友情の行方は――。

 

風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵
風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵
小学館文庫/416頁

地方競馬界でデビューした数少ない女性騎手・芦原瑞穂。
18歳の彼女の受け皿となったのは、
「藻屑の漂流先」と揶揄される寂れた弱小厩舎で、
調教師、厩務員たちは皆、それぞれが心に傷を抱え、
人生をあきらめきったポンコツ集団だった……!

偏見、セクハラ、虐待、裏切り、老い……
あきらめかけた人生の起死回生ストーリー!

 

蟋蟀/栗田有起
蟋蟀/栗田有起
小学館文庫/320頁

先生、これから連続側転するから見ててください――。
奇怪ながらも有能な女性秘書に惹かれた准教授。
だが彼女は珍奇な両生類の水槽を研究室に設置したまま、
行方知らずとなってしまう……(「あほろーとる」)。

馬、河童、蟋蟀、猫など様々な生き物をモチーフに、
日常と非日常の境界線をのびやかな筆致で揺るがす、
読めば読むほどクセになる11の物語たち。

 

  • 単行本この一冊

    おめでたい女/鈴木マキコ

  • 単行本この一冊

    満天のゴール/藤岡陽子

  • 単行本この一冊

    さよなら、田中さん/鈴木るりか

  • 単行本この一冊

    教場0 刑事指導官・風間公親/長岡弘樹

  • 単行本この一冊

    ジゼル/秋吉理香子

  • 単行本この一冊

    末ながく、お幸せに/あさのあつこ

  • 単行本この一冊

    悩むなら、旅に出よ。 旅だから出逢えた言葉U/伊集院 静

  • 単行本この一冊

    祝言島/真梨幸子

  • 単行本この一冊

    MM/市川拓司

  • 単行本この一冊

    蒼のファンファーレ/古内一絵

  • 単行本この一冊

    左京区桃栗坂上ル/瀧羽麻子

  • 単行本この一冊

    さよなら、ムッシュ/片岡 翔

  • 単行本この一冊

    竜宮城と七夕さま/浅田次郎

  • 単行本この一冊

    ハッチとマーロウ/青山七恵

  • 単行本この一冊

    ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美

  • 単行本この一冊

    ボローニャの吐息/内田洋子

  • 単行本この一冊

    キャットニップ 2/大島弓子

  • 単行本この一冊

    本を守ろうとする猫の話/夏川草介

  • 単行本この一冊

    錯迷/堂場瞬一

  • 単行本この一冊

    原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子

  • 単行本この一冊

    墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野 歩

  • 小学館文庫イチ推し

    神様のカルテ0/夏川草介

  • 小学館文庫イチ推し

    たまうら 玉占/星乃あかり

  • 小学館文庫イチ推し

    ロボット・イン・ザ・ハウス/デボラ・インストール 著・松原葉子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    サラバ! 上/西 加奈子

  • 小学館文庫イチ推し

    小森谷くんが決めたこと/中村 航

  • 小学館文庫イチ推し

    政治的に正しい警察小説/葉真中 顕

  • 小学館文庫イチ推し

    邪魔者/ミシェル・アダムズ 著 中谷友紀子 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    独裁者ですが、なにか?/荒木 源

  • 小学館文庫イチ推し

    千の命/植松三十里

  • 小学館文庫イチ推し

    伴侶の偏差値/深沢潮

  • 小学館文庫イチ推し

    猫のほそ道 ノラ猫俳句旅/嵐山光三郎 著・浅生ハルミン 絵

  • 小学館文庫イチ推し

    くそったれバッキー・デント/デイヴィッド ドゥカヴニー 著 高取芳彦 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    海が見える家/はらだみずき

  • 小学館文庫イチ推し

    夏の情婦/佐藤正午

  • 小学館文庫イチ推し

    隠し目付服部半蔵「遠国御用組」始末2 イスパニアの陰謀/安芸宗一郎

  • 小学館文庫イチ推し

    親友/川端康成

  • 小学館文庫イチ推し

    風の向こうへ駆け抜けろ/古内一絵

  • 小学館文庫イチ推し

    蟋蟀/栗田有起

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズV おろしや間諜伝説/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    スリー・アゲーツ 上/五條 瑛

Quilala calendar
Calendar Loading
Search
User Agreement
Link

先頭へ戻る