WEBきらら
ホーム > 小学館文芸の本 > 単行本 > NEW
小学館文芸単行本
単行本アーカイブ 》》
ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美
ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美
四六判/256頁

一晩、一緒に過して下さい。お金は払います。

彼の筋肉の美しさに恋をした〈わたし〉、魔法を使う子供、
猫にさらわれた〈小さい人〉、緑の箱の中の死体、
解散した家族。
恋愛小説? ファアンタジー? SF?
ジャンル分け不能、
ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱。

 

ボローニャの吐息/内田洋子
ボローニャの吐息/内田洋子
四六判/368頁

躓いた石も、古代ローマの一片なのだ。
                ――『ミラノの髭』より
ラッファエッロの「聖母画」の
数奇な運命を辿る『それでも赦す』、
雨に沈むヴェネツィアで思い出す
あるピアニストの人生『雨に連れられて』ほか、珠玉の15編。

イタリアの日常にひそむ“美”を巡る15の人間ドラマ。

 

キャットニップ2/大島弓子
キャットニップ2/大島弓子
A5判/128頁

今まで、うちの猫は全部で7匹でしたが、
このごろノラ猫2匹が我が家にいりびたりなので、
うちの猫として数えると全部で9匹になりました。
ただしノラ猫たちはわたしにさわらせません。
でも、うちの猫たちとはなかよしです。

個性あふれる猫たちとの日々を
やさしく描いた傑作コミックエッセー。

 

本を守ろうとする猫の話/夏川草介
本を守ろうとする猫の話/夏川草介
四六判/224頁

高校生の夏木林太郎は、祖父を突然亡くした。
祖父が営んでいた古書店「夏木書店」をたたみ、
叔母に引き取られることになった林太郎の前に、
人間の言葉を話すトラネコが現れる。

お金の話はやめて、今日読んだ本の話をしよう。
感涙の大ベストセラー『神様のカルテ』著者が贈る、
21世紀版『銀河鉄道の夜』!

 

錯迷/堂場瞬一
錯迷/堂場瞬一
四六判/368頁

神奈川県警課長補佐の萩原は、
突然の異動命令で鎌倉南署の署長に赴任する。
異例の人事の裏には、
前署長の不審死をめぐる真相解明という密命があった。
署内に協力者はなく、萩原は独自捜査を始めるが……。

署員全員が敵。
新任署長の密命は潜入捜査! 警察小説の新境地開拓!

 

原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子
原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子
四六判/304頁

彼女の顔を見た者は、
“自分語り”が止らなくなってしまう――。

原之内菊子はそんな特殊能力を買われて、
弱小編集プロダクション「三巴企画」に採用される。
インタビュアーとしてただ頷いているだけで、
次々に特ダネを取ってくる菊子だったが、
ある取材からとんでもない事件に巻き込まれてしまい――。

 

墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野歩
墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野歩
四六判/320頁

あたし、一流のヘラ絞り職人になる!
小倉ひかりは18歳で〈株式会社ツブラヤ絞〉に転職した。
天才的な職人だった父親は、ひかりが幼い頃に失踪していた。

「いいか、五感を研ぎ澄ませるんだ。
 金属を見て、触れて、音に耳を澄ませ、においを嗅ぎ、
 それでも分からなければ舐めて味わってみろ」
父親との再会は果たせるのか? ひかりに衝撃の真実が!

 

雨利終活写真館/芦沢央
雨利終活写真館/芦沢央
四六判/256頁

最愛の人へ、
最期に、最高の私を、遺したい。

東京・巣鴨の路地裏にひっそり佇む遺影専門の写真館。
撮影に訪れる人々と、
送り出す人々の人生ドラマ。
新進気鋭のミステリー作家が、
見事な謎解きで紡ぎ出す心温まる珠玉の4編。

 

メシマズ狂想曲/秋川滝美
メシマズ狂想曲/秋川滝美
四六判/288頁

滝田和紗、34歳。独身。
彼氏の作り方も料理の作り方もさっぱりわからないまま、
キャリアを重ねて、気がつけば係長に。
出世は早いけど、このままでは仕事と心中してしまう!?

ゼロから料理を始めたい! 恋にだっておおいに興味がある!
そんな30代ちょっぴりさみしい女子、必読の一冊!
みそ汁からメインディッシュまでお手軽レシピも満載!

 

セイレーンの懺悔
/中山七里
セイレーンの懺悔
/中山七里
四六判/320頁

葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。
帝都テレビの里谷太一と朝倉多香美は、
番組存続の危機から起死回生のスクープを狙って奔走する。
警察を尾行し、多香美が目にしたのは無惨な遺体。
同級生の証言から、少年少女のグループが浮かび上がる。

少女を本当に殺したのは、誰なのか――?
警察が公表できない、法律では裁けない真実を目撃せよ。

 

ママたちの下剋上
/深沢 潮
ママたちの下剋上
/深沢 潮
四六判/256頁

妊活のために大手下着メーカーを退社した香織に、
母校「聖アンジェラ学園初等部」から広報の仕事が舞い込む。
かつて広報のキャリアもあり、香織は軽く考えていたが、
そこは愛する子どものお受験を控えた母親たちの戦場だった。
香織は、一筋縄にはいかない母親たちの思惑に呑み込まれ……

恐怖と戦慄のママカーストを生き延びる――
子どもを持つことって幸せ?地獄? 共感度MAXのママ小説。

 

君はレフティ
/額賀 澪
君はレフティ
/額賀 澪
四六判/320頁

夏休み中に遭った事故の後遺症で、僕は記憶をすべて失った。
新学期に入って高校のクラスや写真部に復帰したところ、
校内で謎の落書き事件が続発、エスカレートしていく。
その落書きが自分に向けられたメッセージのように思え……

どうしてこんなにも、
好きで好きで好きで好きで仕方ないんだろう。
学園ミステリーの向こうに、切ない想いが溢れだす!

 

  • 単行本この一冊

    ぼくの死体をよろしくたのむ/川上弘美

  • 単行本この一冊

    ボローニャの吐息/内田洋子

  • 単行本この一冊

    キャットニップ 2/大島弓子

  • 単行本この一冊

    本を守ろうとする猫の話/夏川草介

  • 単行本この一冊

    錯迷/堂場瞬一

  • 単行本この一冊

    原之内菊子の憂鬱なインタビュー/大山淳子

  • 単行本この一冊

    墨田区吾嬬町発ブラックホール行き/上野 歩

  • 単行本この一冊

    雨利終活写真館/芦沢 央

  • 単行本この一冊

    メシマズ狂想曲/秋川滝美

  • 単行本この一冊

    セイレーンの懺悔/中山七里

  • 単行本この一冊

    ママたちの下剋上/深沢 潮

  • 単行本この一冊

    君はレフティ/額賀 澪

  • 単行本この一冊

    私はいったい、何と闘っているのか/つぶやきシロー

  • 単行本この一冊

    夜行/森見登美彦

  • 単行本この一冊

    ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集/森見登美彦

  • 単行本この一冊

    つめ/山本甲士

  • 単行本この一冊

    氷の轍/桜木紫乃

  • 単行本この一冊

    ラーメンにシャンデリア/風 カオル

  • 単行本この一冊

    世界が記憶であふれる前に/岡本貴也

  • 単行本この一冊

    遊戯神通 伊藤若冲/河治和香

  • 単行本この一冊

    ショートショート千夜一夜/田丸雅智

  • 単行本この一冊

    希望荘/宮部みゆき

  • 小学館文庫イチ推し

    ちょうかい 未犯調査室 3/仁木英之

  • 小学館文庫イチ推し

    ハガキ職人タカギ!/風 カオル

  • 小学館文庫イチ推し

    ゴルゴ13ノベルズT 落日の死影/船戸与一 著 さいとう・たかを 原案

  • 小学館文庫イチ推し

    十津川警部 犯人は京阪宇治線に乗った/西村京太郎

  • 小学館文庫イチ推し

    長谷川平蔵人足寄場平之助事件帖2 決意/千野隆司

  • 小学館文庫イチ推し

    雪盲/ラグナル・ヨナソン 著 吉田薫 訳

  • 小学館文庫イチ推し

    書くインタビュー 3/佐藤正午

  • 小学館文庫イチ推し

    色いろ花骨牌/黒鉄ヒロシ

  • 小学館文庫イチ推し

    後悔病棟/垣谷美雨

  • 小学館文庫イチ推し

    あした世界が、/柴崎竜人

  • 小学館文庫イチ推し

    ポケットに物語を入れて/角田光代

  • 小学館文庫イチ推し

    アイアムアヒーロー THE NOVEL/朝井リョウ、中山七里、藤野可織、下村敦史、葉真中顕、佐藤友哉、島本理生 著

  • 小学館文庫イチ推し

    その手をにぎりたい/柚木麻子

  • 小学館文庫イチ推し

    追憶/青島武

  • 小学館文庫イチ推し

    スープの国のお姫様/樋口直哉

  • 小学館文庫イチ推し

    付添い屋・六平太 天狗の巻 おりき/金子成人

  • 小学館文庫イチ推し

    虫娘/井上荒野

  • 小学館文庫イチ推し

    日本一の女/斉木香津

  • 小学館文庫イチ推し

    大脱走/荒木 源

  • 小学館文庫イチ推し

    祝福/長薗安浩

  • 小学館文庫イチ推し

    ひなた弁当/山本甲士

  • 小学館文庫イチ推し

    旅だから出逢えた言葉/伊集院 静

Quilala calendar
Calendar Loading
Search
User Agreement
Link

先頭へ戻る